初めてでも編める!かぎ針編みのマフラー☆毛糸&針の選び方

編み物

ハンドメイド初心者さんで何からやってみればいいかわからない・・・という方は、編み物から始めてみてはいかがでしょうか。
なぜなら、揃える道具も少なくかける経費が少なくて済み、比較的簡単だからです。
初めてならば、私はかぎ針編みのマフラーがお勧めします。
お子さん用に編めば毛糸も編む量も少なくて済みますし、慣れたら親子お揃いのマフラーを編むのもいいですね♪
毛糸のやかぎ針の選び方、表示の見方から編み方まで、ここでご紹介したいと思います。

必要な道具は毛糸とかぎ針だけ

選ぶ順番は、毛糸→かぎ針 です。
色、肌触り、素材などから、お気に入りの毛糸を選びましょう。
マフラーだと直接首周りの肌に触れるので、チクチクしないような素材の毛糸を選びましょう。
毛100%が主流ですが、綿や混合のものもあります。
太さは、初めての場合は並太〜極太くらいの太めの糸がいいでしょう。
かぎ針は、その毛糸の帯に書いてある表示を見て選びます。

かぎ針の大きさはこう選ぶ~表示の見方

毛糸の帯には、その毛糸に合う必ず棒針とかぎ針の大きさの表示があります。
かぎ針の表示にはこの写真のように「5/0号」や、「4/0〜6/0号」という書き方になっています。
かぎ針の大きさは、数字が大きくなるほど太くなります。
きつめに編むクセがある場合は太めの6/0号、ゆるめに編むクセがある場合は細めの4/0号がいい場合もあります。
あえてザックリゆるめに編みたいから太めの針がいいかな、という選び方もあります。

初めて編む場合、自分がきつめに編むかゆるめに編むか、わかりませんよね。
「4/0〜6/0号」というような表示になっている場合は、 とりあえず真ん中の号数、この場合で言うと5/0号を選んでみるといいかと思います。
マフラーの場合は、太さも長さも自由に決められるので、思ったより細くなっちゃった、逆に太くなっちゃった、となっても、セーターなどにくらべたら潰しはききます。
まずは、やってみましょう!

ゲージとは?

ゲージとは、「10cm × 10cm四方を編むのに必要な目数&段数」です。
主に棒針編みの場合に表示されることが多いです。
上の写真の毛糸でいうと、かぎ針で編む長編みで、10cm四方を編むのに横20目、縦9段必要ということです。
が、これはあくまでも標準的な数字であり、編む人によって手のクセが違うので、この数字は人それぞれということになります。
が、サイズがアバウトでもあまり問題ないマフラーであれば、ここはスルーでいでしょう。

太いからすぐに編める!ジャンボかぎ針

とっても太い糸で編む場合、ざっくりしたデザインで編む場合などに使う、「ジャンボかぎ針」というものもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンボかぎ針 7〜10mm ネコポス可 clv クロバー 手芸の山久
価格:486円(税込、送料別) (2018/12/30時点)

楽天で購入

 

かぎ針は、レース編みのような細い細いかぎ針もあれば、↑ のように10mmという太いかぎ針もあります。
このような超極太毛糸を編むのがいいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハマナカ 超極太毛糸コンテ 数量限定半額!!
価格:864円(税込、送料別) (2018/12/30時点)

楽天で購入

 

1玉で帽子も編めるくらいの太い毛糸なので、マフラーもすぐに編めると思いますよ。
ここで帽子に挑戦してみてもいいですね。

まずは、編んでみましょう。
体感すると、次々に編みたくなってくるはず♪
ハンドメイドが楽しくなってきますよ☆

編み物 初心者の方へ
スポンサーリンク
シェアする
MiriOをフォローする
ハンドメイドサイト MiriO(ミリオ)

コメント