【初心者必見】小枝パールの作り方☆ねじるだけ簡単!写真&動画で解説。

アクセサリー

※当サイトは記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

 

パールやビーズが散りばめられた髪飾りは、卒業式の袴姿にも、花嫁のウェディングドレスにも合いますよね。

そんな華やかなアクセサリーは、「小枝アクセサリー」で実現しましょう♡

この小枝アクセサリー、難しいように見えますが、意外と簡単に作ることが出来ます。

小さいパールやビーズであれば、普段使いの小さなアクセサリーにも十分可能。

特別なシーンでなくても身につけて楽しむことが出来ます。

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてくださいね。

必要なもの

  • 資材 → パール(ビーズ)、ワイヤー
  • 道具 → 平やっとこ、ニッパー

これだけです♪

ワイヤーの太さは、私の肌感覚では0.3mmがちょうどいいかな、と思います。

お勧めは、アーティスティックワイヤーというアクセサリー製作によく使われるワイヤー。

その中でも、「ノンターニッシュブラス」という種類が一番お勧め。

これは、真鍮にメッキが施されているため、変色しにくいという特徴があり、色がキレイ。

そしてデザインによっては大きめのコットンパールでもいいし、小さいものを作りたい場合はビーズもアリです。

あなたの着用シーンやお好みのデザインで作ってみてくださいね☆

小枝アクセサリーの作り方

動画で解説。

手っ取り早く視覚的に見たい!という方のために、動画もご用意しました。

細かくじっくり見たい!という方には、その下に写真と文章で解説していきますね。

 

写真で細かく解説① 花の部分の作り方

↑ ↑4mmパールを3つ、お花のように見える小枝デザインを作ってみましょう。

まずワイヤーを30cmほどの長さにカットして、中央にパールを3つ通します。 ↓ ↓

パールの端から1cmくらいのとこで左右対称になるようワイヤーを交差し、 ↓ ↓

平やっとこで挟み、固定します。 ↓ ↓

パールを根本までぐるぐるねじったら、 ↓ ↓

ワイヤーを好みの長さになるまでねじります。 ↓ ↓

ポイントは、2つ!

  • 平やっとこでしっかり挟んで固定する
  • 左右対称に挟む

これにより、キレイにねじれた枝の部分が出来上がります。

枝分かれする場所でワイヤーを開き、片方にパールを3つ通します。 ↓ ↓

同じようにワイヤーを交差してやっとこで挟み、パールをねじっていきます。 ↓ ↓

もう一方のワイヤーと重なる部分までねじったら、もう一方のワイヤーと合わせてねじっていきます。 ↓ ↓

これを繰り返し、花の部分を増やしていきます。

すると、最終的にこうなります。 ↓ ↓

 

写真で細かく解説② 最後のワイヤーの処理

最後のところはワイヤーの先端が尖っていてやや危ないので、きちんと処理をしましょう。

9ピンのように処理をすると、危なくない上に、丸カンや9ピンとつなげることが出来るのでお勧めです。

まず、ワイヤーを180度開き、片方を根本ギリギリでカットします。 ↓ ↓

もう片方のワイヤーは丸やっとこで丸を作り、このような形を作ります。 ↓ ↓

根本に数回巻き付けて、 ↓ ↓

先端をギリギリでカットします。 ↓ ↓

端の始末が終わりました。 ↓ ↓

いくらでもアレンジ出来る

枝をどのくらい製作するのか、大きさや長さをどのくらいにするのか、で、最初にカットするワイヤーの長さが変わってきます。

最初は手探りで大体のあたりをつける必要があるかもですが、作る回数や個数を重ねるうちにわかってくるでしょう。

また大きめのパール1つの枝にしたり、小さいパール3つの枝にしたりと、好きなデザインにアレンジしていけば、いろんなデザインの小枝パーツが出来上がります。

楽しみながら色々作ってみたいですね~~

ぜひ、色々な小枝をつくってみてくださいね(^_-)-☆

アクセサリーYouTube
スポンサーリンク
シェアする
MiriOをフォローする
ハンドメイドサイト MiriO(ミリオ)

コメント